記事リスト

ハト被害への対処方法

はと

巣の勝手な撤去はできない

マンションなどで時折問題になるのが、飛来する鳩による被害です。生息数が多く人に対する警戒心も少ないため、マンションのベランダのような場所にも安全だと思えば平気でやってきます。中には我が物顔でベランダに巣を作って、子育てをしてしまう鳩もいます。ただいるだけならまだしも、ところかまわず糞をするのでベランダで洗濯物を干す事も出来なくなります。ベランダに鳩を入れない対策として最も効果が高いのは、ネットをベランダの開口部分全体に隙間なく張ってしまう方法です。防鳥ネット施工という対策で、飛んできた鳩がネットに妨害されて入れなくなる仕組みです。開口部分が狭いベランダでは小さなネットで事足りますし、そのまま放置するだけなので長期間の維持も簡単な経済的にも優れた対策です。まだ巣を作っていない段階であれば、止まり木代わりに使用している手すりなどにワイヤーを張るだけでも対策になります。防鳥ワイヤーなどの専門用品、あるいはテグスなどを使って施行する事ができ、ネットのように開口部分全体を覆わないので美観も損ないにくい利点があります。もしすでに巣を作られていたとして、手の届く範囲に巣があったとしても下手に手出しはしないようにしてください。特に卵やヒナがいる場合には、鳥獣保護法によって巣の勝手な撤去や移動が禁止されています。仮に卵を生む前だった場合には撤去できますが、すぐに新しい巣を作られてしまう可能性が高く、巣の撤去だけでは鳩対策としては効果が薄いでしょう。巣を見つけた場合には、すぐに保健所か駆除業者に連絡して対処してもらいましょう。駆除業者であれば、巣の撤去ついでに鳩の駆除対策も依頼しておけば、根本的な解決もしやすくなります。